やけどの心配をしてしまいます

やけどの心配をしてしまいます

脱毛に通うということは、女性にとってお肌の悩みが解消され、自己処理のストレスから解放されるなど嬉しいことだと思います。ですがその半面、脱毛によって火傷をした人の話や、その火傷した写真を見たりしてゾッとした人もいるのではないでしょうか。良いこともある反面、選び方や知識不足によってはそんなトラブルも他人事とは言えません。こうした火傷トラブルというのは、そう頻繁にあるものではありません。もともと脱毛自体、軽度の火傷状態にして、毛が生えない様に働きかけていますので、軽度ではありますが火傷しています。その為、施術前には十分なお肌のチェックもしますし、施術後にはしっかりと必要なアフターケアをしてもらえます。では、どうして軽度では済まない火傷に繋がってしまうのか。どうしても避けられない1つの原因は医師またはスタッフの経験不足と、お肌のチェックミスです。これだけは勘弁して欲しいものですが、その施術を受けているときに「涙が出る程痛かった」という意見がありました。この様に、耐え難い痛みや熱さを感じたら我慢をせずに一度声をかけましょう。光の出力を調節することも出来るはずです。また、光は黒色に反応する様に出来ているので、日焼けに注意をすることです。ホクロや痣など黒い部分があればカバーをしてもらい、避けてもらうように自身でも出来る限りチェックをした方が良いと思います。お肌のチェックもせずに施術する様な所や、痛みの確認など行わない様なところは、いくら安くても自分の体の為ですので、考えなおした方が良いと思います。



TOP PAGE