光を当ててシミは出来ませんか

光を当ててシミは出来ませんか

脱毛について調べていると、時々「脱毛するために当てた光によってシミが出来た」という意見が見られます。こんな意見を見ると、お肌のコンプレックスから開放されるために脱毛に通いに行くのに、シミという新たなコンプレックスが増えてしまうなんて絶対に嫌だと思いますよね。しかし、脱毛マシンなどの光が当たることによってシミが出来たりするということは無い様です。むしろ、この光はエステなどで「お肌を生まれ変わらせる」などとよく謳われているフォトフェイシャルと呼ばれるものと同じなのだそうです。簡単に言うと、この光を肌の奥まで当てることによって、お肌の奥にいる細胞を活性化させます。すると、お肌の奥に隠れていた汚れや隠れシミがじわじわと押し出される様にして表面に出てきます。これが「脱毛の光によってシミが出来た」と言われている物の正体の様です。これらが表面化した後には、しばらくしたら消えるので、お肌が生まれ変わった様に綺麗になると言われています。なので、顔の脱毛を受けた時に「シミが出来た!最悪!」と悲しむ前に、心配であれば一度スタッフに相談をして、その後のお肌がどうであるか経過をみてみるのも良いかもしれません。そこでやめてしまうのではなく、表面化された物を無くしていき、つるつるの綺麗な生まれ変わったお肌になるチャンスかもしれません。ただ、人それぞれにお肌の健康状態は様々だと思うので、不安な心をそのままにせず気軽に相談して、ストレスは抱えない様にしましょうね。



TOP PAGE